• Kazuyuki Hashimoto

コミテコルベールアワード 2022 -The beauty of imperfection- 展に高本夏実さん、太田琢人さんの作品を展示中


東京藝大大学美術館で行われているコミテコルーベールアワード2022に

過去のグランプリ受賞者として研究室の

高本夏実さん、太田琢人さんの作品が展示されています。

今年はデザイン科の学部2年生の辻 一徹さんがグランプリを受賞しました!

コロナで2年間お休みした学内コンペなので再開してありがたいです。

コルベール委員会にもか感謝です

展覧会会期: 2022年10月15日(土)~ 10月30日(日)※月曜日休館 開館時間: 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 入場料: 無料

修士在籍中の高本夏実さんの作品(2018年グランプリ受賞作品)

昨年修了の太田琢人さん作品(2019年グランプリ受賞作品)


とても贅沢に飾られています

デザイン科学部2年生の辻一徹さんが今年のグランプリを受賞!


以下は公式ページより転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミテコルベールアワード 2022 –The beauty of imperfection– 展展覧会会期: 2022年10月15日(土)~ 10月30日(日)※月曜日休館 開館時間: 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで) 入場料: 無料 会場: 東京藝術大学 大学美術館 本館 展示室3、4 〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 https://museum.geidai.ac.jp/ 主催: コルベール委員会ジャパン/東京藝術大学 後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 概要: コルベール委員会ジャパンと東京藝術⼤学は、未来の⽂化とアーティスト育成を⽬的とした共同プロジェクト「コミテコルベールアワード2022 –The beauty of imperfection–」を開催します。今年で3回⽬となる本アワードは最終回を迎えます。東京藝術⼤学の学⽣が、「The beauty of imperfection」をテーマにアート作品を制作。8⽉10⽇に実施された⼀次審査では12作品が選出されました。そして10⽉14⽇の授賞式にて、優秀作品3点が決定します。 海外では“わびさび”と訳されることもある⾔葉、「The beauty of imperfection」。⽇本にいる私たちにはもっと深い意味があるように感じられます。ダイバーシティやインクルージョンという概念が浸透しつつある今の時代、「不完全な美」とは何か、藝⼤⽣がそれぞれの感性で表現します。ぜひご覧ください。 参加学生 [第1次審査通過者12名] 柿坪 満実子 / 木村 直 / 高 美遥 / 河津 晃平 / 髙野 真子 / 辻 一徹 / 中野 美優 / 永見 はな / 春田 紗良 / 宮林 妃奈子 / 山田 彩七光 / 渡邉 泰成 [コミテ コルベールアワード2018 受賞者3名] 松本 幹子 / 高本 夏実 / 岡﨑 龍之祐 [コミテ コルベールアワード2019 受賞者3名] 太田 琢人 / 金森 由晃 / 門馬 さくら Comité colbert award 2022 -The beauty of imperfection- Exposition Date: du 15 au 30 Octobre 2022 Lieu: Galerie principale 3, 4 , Le musée d'art de l'université, Université des arts de Tokyo Ueno Koen 12-8, Taito, Tokyo, Japon 110-8714 https://museum.geidai.ac.jp/en/ Organisé par le Comité de Réflexion du Comité Colbert au Japon et l’Université des arts de Tokyo Avec le parrainage de l’Ambassade de France au Japon et de l’Institut français du Japon

Copyright © 2016-2022 Tokyo University of the Arts. All rights reserved