東京藝術大学130周年記念「藝大茶会2017」
藝大席待合&130周年記念展示空間デザイン

東京藝術大学130周年記念のイベントである藝大茶会「それゆえに」で橋本は藝大席の待合の空間デザインと美術学部教育資料編纂室 東京美術学校関係資料展示の展示デザインを担当しました。

藝大席の待合は美術研究科の先生方が制作した茶杓の展示を見ながらお待ちいただくスペースです。藝大内にある通称奥の細道と言われる森を先端芸術表現科の鈴木理策先生に撮影いただいた写真をスキャンし、壁一面に安価な素材であるクラフト紙に印刷し藝大の杜を感じていただこうと考えました。130年以上も前からここの地を見守ってきた木々であろうと想像しながら敬意を込めて展示しました。その部屋の正面には日比野克彦学部長の書いた題字「それゆえに」を大きくクラフト紙にプリントし配しました。その脇には今回の藝大茶会の発起人でもある日本画教授の手塚雄二先生の風炉先屏風と棗を飾っていただきました。

待合の人々が座る椅子はやはり藝大生ならば一度は座ったことのあるデッサン用の椅子(箱椅子)に座っていただき、隣の藝大席である大石膏室との繋がりを意識し配しました。

多くの先生がたの作品とのコラボレーションによって生み出された空間になり贅沢なコラボレーションをさせていただきました。

 
 
藝大席の待合
藝大席の待合
藝大席の待合
藝大席の待合
教員茶杓展示
教員茶杓展示
教員茶杓展示
教員茶杓展示
教員茶杓展示
教員茶杓展示
美術学部教育資料編纂室 東京美術学校関係資料展示
美術学部教育資料編纂室 東京美術学校関係資料展示
美術学部教育資料編纂室 東京美術学校関係資料展示
美術学部教育資料編纂室 東京美術学校関係資料展示

藝大茶会 「それゆえに」概要

東京藝術大学の前身である東京美術学校第2代校長 岡倉天心による『茶の本』(1906年)は、日本の茶の心を伝える名著として今もなお読みつがれています。
東京藝術大学では、その精神を受けつぎ、日本文化の伝統継承と新しい芸術表現の創造をめざしています。創立130周年を迎えた2017年、茶道各流派家元、京都美術俱楽部・東京美術倶楽部、本学茶道部による茶会を催しました。

あわせて陳列館にて教員による創作茶席の展示や演奏会なども開催されました。

企画詳細

家元席  東京藝術大学 正木記念館

茶人としても知られた東京美術学校・第5代校長、正木直彦(1862-1940)の功労を記念し、昭和10年(1935年)に建てられた正木記念館にて、4流派の家元による茶会が催されました。

平成29年10月7日 (土) 10:00~15:00 表千家不審菴 濃茶
平成29年10月8日 (日) 10:00~15:00 裏千家今日庵 濃茶
平成29年10月14日(土)10:00~15:00 武者小路千家官休庵 濃茶
平成29年10月21日(土)10:00~15:00 遠州茶道宗家 濃茶

美術倶楽部席  東京国立博物館 応挙館

天台宗寺院、明眼院の書院として建てられ、近代の大茶人として知られた益田鈍翁の邸内に移築後、東京国立博物館に寄贈された応挙館は、その名のとおり室内に円山応挙による墨画が描かれています。
京都美術倶楽部と東京美術倶楽部により、名品を取り合わせた茶会が催されました。

平成29年10月7日 (土) 10:00~15:00 京都美術倶楽部席 薄茶
平成29年10月8日 (日) 10:00~15:00 京都美術倶楽部席 薄茶
平成29年10月14日(土)10:00~15:00 東京美術倶楽部席 薄茶
平成29年10月21日(土)10:00~15:00 東京美術倶楽部席 薄茶

藝大席  東京藝術大学 美術学部大石膏室

サモトラケのニケなど数々の石膏像が多数展示された大石膏室は、芸術家をめざす学生の教育に使われています。このたび小沢剛教授(先端芸術表現)のインスタレーション、工芸科教授陣による茶道具、橋本和幸教授(デザイン)による待合という斬新な空間がお目見えしました。

平成29年10月7日 (土) 10:00~15:00 東京藝術大学裏千家茶道部 薄茶立礼
平成29年10月8日 (日) 10:00~15:00 東京藝術大学裏千家茶道部 薄茶立礼
平成29年10月14日(土)10:00~15:00 東京藝術大学裏千家茶道部 薄茶立礼
平成29年10月21日(土)10:00~15:00 東京藝術大学裏千家茶道部 薄茶立礼

●会期:平成29年10月7(土)、8日(日)、14日(土)、21日(土)
●会場:東京藝術大学正木記念館 美術学部大石膏室 東京国立博物館 応挙館